セルフで行う

デザインをより良いものにするために

ネイルの方法は様々ですが、最近は自分で行うセルフネイルというものが話題となっています。道具さえ揃っていれば、誰でも気軽に始めることができます。セルフで行う場合は、あらゆるテクニックを駆使することでクオリティの高いものが期待できます。 デザインとしてドット柄を好む人は多いです。丸の形を散ばせることによってできるので、デザインのなかでも非常に簡単であるといわれています。ドット柄を綺麗に作るために、先が丸くなっているピンを使用すると、筆で書くよりも更に簡単に書くことが可能となります。 また、マスキングテープを利用してデザインするという方法もあります。マスキングテープはデザインが豊富なので、選べる範囲は広いです。その上からトップコートを塗ることで、綺麗な仕上がりとなります。

衣服への付着に気をつける

ネイルは乾くまでに時間がかかります。ジェルだと乾きは非常に早いですが、そうでないものの場合は最低でも1時間以上はかかるものです。なので、ジェル以外のものを塗るのは、できるだけ忙しくないときにしておくことが大切です。 ネイルは一度、服や鞄などに付着してしまうと、なかなか取れづらくなってしまいます。ネイルをする場面はオシャレをしたい時であるという人は多いです。折角のお気に入りの服などに付着してしまわないように、あらゆる工夫が必要です。 ネイルをする際は、汚れても良い服を着た状態でいると良いです。どれだけ注意していても、ちょっとした瞬間に付着してしまうことはあります。また、ネイルを必要とする1日前にしておくと、付着はほぼ確実に避けることができます。